沖縄県八重山郡与那国島の製塩所|与那国海塩有限会社
与那国海塩有限会社 0980-84-8933
与那国海塩有限会社
最新のお知らせ
与那国海塩|塩へのこだわり 与那国で塩を作る理由 与那国で塩を作る理由
北赤道海流がフィリピン近海で湧き昇って黒潮となります。
日本最西端の与那国島は黒潮源流に最も近く 汚染されていない 清浄な海水を得られるのが唯一の理由です。
塩分濃度が高く、汚染によるプランクトンの発生のない黒潮源流は 塩作りにはこの上ない条件です。北緯24゜という亜熱帯の強烈な陽射しも海水の濃縮には好都合です……おかげで羽田空港では黒さが目立ちますが……。
与那国海塩|塩へのこだわり 私たちの目指す塩 私たちの目指す塩
政府による規制の化学塩”塩化ナトリウム(NaCl)”が 「しょっぱいだけ」 「身体に悪い」 等の批判をあび 平成14年度からは塩の製造と販売が自由となりました。私たちは先の化学塩で育った世代ですが 海水から作った自然塩の味を知り化学塩との違いに驚きました。日本各地で自然塩の生産が盛んで ここ 沖縄県だけでも20社以上ありそうです。製法にしても化学塩に近いもの、原始的な製法をウリにしたもの、NaCl以外の成分の多さを競うものなど様々です。
私たちは 塩が自然食品の原点であると考えて 昔ながらの製法を尊重しつつ 汐汲み等の重労働を機械化し ミネラルと微量元素を豊富に含む 「昔の味の塩」 を目指しています。
与那国海塩|塩へのこだわり 与那国海塩の現在 与那国海塩の現在
2001年6月14日に会社設立、7月1日に火入れ式を行い 7月20日の”海の記念日”に初出荷しました。
それから さまざまなドラマがあり お取引先も順調に増えていき たくさんのお客様との出会いもありました。
しかし 2015年秋の台風で 弊社工場が壊滅的な被害を受け 廃業を決意しましたが、その後 たくさんの方たちが 温かな手を差し伸べてくださったのです。そのおかげでまた新たな一歩を踏み出すことになりました。
2016年4月に工場は動き出しますが 再建工事がすべて終わるのは 2016年7月の予定です。
新たな決意とともに 未来に花よ咲け という想いを込めて 塩をつくってまいります。
島情報 与那国海塩ブログ
これまで与那国海塩では沢山の与那国島にまつわるお話や写真を掲載してきました。こちらから読めます >> ブログ始めました。工場のこと、塩のこと、島のこと、色々なことを発信していければ良いなと思っています。末永くお付き合いください >>